女性ホルモンがバストにあたえる働き

女性ホルモンは乳腺と脂肪に関係している

 

バストアップ深く関わる女性ホルモンは、女性の心とからだに対して重要な働きをしています。ホルモンバランスが崩れていると体調が悪くなったり、気持ちが落ち着かなくなったりと様々な影響が現れ始めます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、この2つのホルモンのバランスを一定に保つことが大切になってきます。

 

エストロゲンには、女性らしい身体を作る働きや自律神経を安定させる働きなどがあり、プロゲステロンには乳腺を発達させたり基礎体温を上げて妊娠を継続させる働きなどがあります。

 

その他にも、美肌を作る働きや髪を健康で艶のある状態にしたりと女性にとって嬉しい働きがあります。このように、女性ホルモンとバストには深い関わりがあり、ホルモンが多く分泌されることでバストが大きくなり女性らしい身体を作るサポートをしてくれます。2つのホルモンをバランスよく活性化することが大切です。

バストアップに導く乳腺のしくみとは

バストの約9割り脂肪、約1割は乳腺でできています。

 

エストロゲンとプロゲステロンは胸の組織に作用して、バストアップに直接関わってきます。

 

バストの大きさには遺伝的な要素もありますが、生活週間などの乱れによって女性ホルモンが正常に分泌されないことでバストアップの妨げになっている可能性があります。

 

ホルモンは、非常にデリケートで乱れやすいので睡眠不足やストレス、偏った食生活や過激なダイエットは避けるようにして規則正しい生活を送ることでホルモンのバランスがとりやすくなります。

 

その結果、エストロゲンの働きによって、乳腺が発達することでエストロゲンも作用してバストがふっくらとしてきます。

 

女性らしいふっくらとしたバストは女性の憧れですが、豊胸をしてふくよかなバストを手に入れるだけではなく、日常の中でホルモンのバランスが整うように気をつけながら生活することで、バストアップにつなげることができます。

バストを大きくするために大切なこと

バストの大部分は脂肪でできており、どのくらいの量があるかでバストの大きさがかわってくると言っていいほどです。

 

女性ホルモンが増えるとエストロゲンやプロゲステロンが十分に分泌されるので、乳腺が発達してその周りに脂肪がつきやすくなります。

 

その結果、バストも大きくなってくれるというわけです。また、エストロゲンにはお肌に潤いやハリを与えてくれる効果があるので、ハリのある若々しいバストに導いてくれます。

 

エストロゲンが不足することで、不眠やむくみ、お肌や髪の艶がなくなったりとバストだけでなく、身体に足しても様々な不調を引き起こす可能性があります。

 

 

胸が小さいと諦めて大きくするには豊胸しかない、と考えている方であっても胸の小さい原因は十分に女性ホルモンが分泌されていないからかもしれません。女性にとって重要なホルモンをバランスよく分泌するために、まずは生活習慣から見直してみることも大切です。