デリケートなのです。女性の心と体。

ストレスによって変化する女性ホルモン

 

女性ホルモンの分泌が盛んになって女性らしいふっくらとした胸、腰になっていきます。そして生理が毎月やってくるようになるのですが、ストレスで体つきが変化したり、生理が不順になってしまうことがあります。

 

女性の心と体はデリケートで、ちょっとした緊張感、不安感ででも、肌荒れなどを起こしてしまうことがあります。すべて女性ホルモンが関係してきます。ストレスによって変化してしまう女性ホルモンは、幸せいっぱい、ストレスゼロであるなら、たくさん分泌されて、豊胸にもなる事が出来ます。

 

赤ちゃんを産んで母乳を沢山赤ちゃんにあげたくてもストレスが多いとなかなか母乳が分泌されないということもあります。それだけ女性の心と体はデリケートで敏感なのです。少女期から思春期になる頃、出来ることなら周りが守って、健やかに過ごせるようにしてあげるといいですね。

 

そうすればツヤツヤお肌の美しい女性へと成長していけるでしょう。

自分でも自分の心と体を守ろう。

大人になってくると、つい無理をしがちです。つらくても、頑張りとおしてみたり、悩んでいても、大丈夫なふりをしてみたり。周りのすべての人に甘えて頼るわけにはいきませんが、気の置けない友達や、信頼できるパートナーに話を聞いてもらいましょう。

 

ただそれだけでもずいぶん楽になります。とてもつらい時には思い切って休息を取りましょう。体がつらくなければ、ストレス解消に、おいしいものを食べに行ったり、温泉旅行に出かけてみるのも、とても心が軽くなります。

 

十分な睡眠と休息、楽しいと感じることをすることで、女性ホルモンの分泌も元通り、十分な状態に近づいていくでしょう。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たものであると言われていますので、大豆製品をたくさん摂りましょう。
女性ホルモンの分泌がよくなってくると、肌荒れや、極端な痩せ、太りも解消され、快調な状態に戻っていくでしょう。まずはそういったことを心がけてみてください。

デリケートな女性ホルモンとうまく付き合うために。

女性らしい豊かな胸、しっとり潤った肌、つややかな豊かな髪、それらは女性ホルモンが十分でなければ損なわれてしまうものです。

 

疲れていると感じているときは自分に優しくし、疲れている人には反対にやさしくしてあげて、心と体を守っていきましょう。どう工夫しても、心も体も改善してこないなというときは、話を聞いてもらいにお医者さんを訪れたり、漢方薬を処方してもらいに行くと良いでしょう。休暇を取るのもよいかもしれません。消化の良い温かな栄養豊かなスープを飲むのも良いでしょう。

 

それから、軽いウオーキングなどで下半身を温め、血行を良くするのも効果的です。

 

温熱効果のある物で目や腰を温めるのも体がほぐれて良い気持ちになります。マッサージやエステに行くのもいいですね。そんなふうに心と体を解放してあげて、ストレス発散をしてみてください。そうすれば、すてきなあなたに戻って行ける日も近いでしょう。