女性ホルモンは食事で増やすことができる

女性ホルモンを増やすおすすめバストアップレシピ!

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンというふたつのホルモンのことです。

 

それぞれに異なる役割があり、女性の生理や妊娠と大きな関わりがあります。排卵を機に、それぞれのホルモンが優位になることで、バランスを保っているのですが、女性ホルモンはストレスの影響などを強く受けます。

 

分泌量が減ってしまったり、バランスが崩れるというのは、決して珍しいことではありません。

 

そこで、不足しがちなホルモンを補うために、食事を工夫しましょう。

 

食べたものから人間の体はできているので、気を付けることでホルモンを増やすことは可能です。インスタント食品ばかり食べていると、体内のミネラル分を奪ってしまいます。

 

冷たい飲み物も、飲み過ぎてしまうと体が冷えてホルモンバランスを崩す原因になってしまうことを知っておきましょう。極端なダイエットで、食事量を減らしてしまうのも、体に入る栄養が偏るので良くありません。

女性ホルモンを増やすためのレシピ

女性ホルモンと似たような働きをすることで知られるのが、大豆に多く含まれているイソフラボンです。

 

大豆をそのまま食べるのは難しいので、大豆製品をうまく活用して毎日の食事に登場させましょう。納豆はそのまま食べることができるので朝食に向いています。

 

納豆オムレツは簡単にできるレシピです。卵2個をボールに割り、白身と黄身を混ぜておきましょう。そこに、水を切った豆腐半丁を、手で割りほぐしながら入れていきます。

 

顆粒コンソメと塩コショウを入れて、フライパンで焼いていきましょう。

 

両面をきれいに焼いたら出来上がりです。豆腐を入れることで、味が薄くなりがちです。ケチャップをかけて食べる他にも、チーズを入れたりしてもいいでしょう。カロリーを抑えながら、イソフラボンを手軽に摂取できる料理です。

 

ハーブ塩を入れるなどのアレンジもできるので、自分好みの味を作る楽しさもあり、バリエーションを増やすことができます。

豊胸に役立つ女性ホルモンを増やすレシピ

キャベツには、ボロンという成分が多く含まれています。

 

ボロンは女性ホルモンを活性化する働きがあり、バストアップに効果的です。けれども、ボロンは熱に弱い成分です。食べる際には、生の状態にすることで、体内への吸収を高めることができます。

 

キャベツは千切りにして食べるだけではありません。刻んだキャベツに塩をふってしんなりさせたら、手でしぼってみましょう。

 

そこに、少量の砂糖とレモン汁を加えてから、マヨネーズを入れると、コールスローサラダになります。ボロンはタンパク質と一緒に食べることでより吸収されやすくなります。

 

蒸したササミをサラダに入れると、ヘルシーなサラダになりますが、時間がなければツナの缶詰を混ぜてもいいでしょう。チーズにも良質なタンパク質が含まれているので、シーザーサラダのようにして食べるのもおすすめです。毎日の食生活の中に取り入れることで、無理なくバストアップをすることができます。

 

バストアップサプリメント人気ランキングはこちら→http://www.link-lineup.com/